FC2ブログ
ひょんな事から自転車にのめりこんだ、中年に足を踏み入れた一人の男のチャリンコへの情熱と日々の生活ぶりと今日の晩御飯?などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り時間もあとわずか・・・ここで野人投入!(古すぎます・・・)

こんにちは。

パナソニックヒルクライムin伊吹山

に向けて、秘密兵器投入です。
決して”勝つため”じゃなく
”完走するため”ですからね(笑)

大げさですが、スプロケ交換です(笑)
これまでの11-25Tから12-27Tへと取り替えます。

先日、いつもお世話になっている「トーヨーサイクル」さんで
スプロケとスプロケ外しの工具などを購入、親切丁寧に教えていただきました。
全くの受け売りなんで、間違いなどご指摘がございましたら、遠慮なく申し付けてください。
画像-0381画像-0382
↑必要な工具。切れたチェーンが付いたそれがないと
空回りするスプロケを固定できません。ハンマーでたたいたりして外すひともいるそうですが
ホイルの価格や安全面を考えたら少々の出費は我慢すべきだと思います。


正直なところ、最初はギア数増やすのには抵抗がありました。
でも、自転車って体力勝負のスポーツの部分だけでなく、バイクや車の走り屋さんたちと同じくメカニカルな部分もあると思ったんです。当然、お金のかかる事だし、物事の捉え方だって個人差はあるだろうけど、私は「勝ちたい」とか「完走したい」とか「楽しみたい」っていう自分の望みにあったパーツをつけるの自然なことなのでは?と思うようにします。
お買い物用にカゴつけたり、泥棒対策に大きなカギつけたり、雨走行も考えて泥除けつけたり、夜間走行が多い人は明るいライトつけたりするのと何が違うの?と、自分に良いように解釈しておきます(笑)

画像-0501画像-0502画像-0503
↑写真見ながら書いていたら、3の写真が間違ってますね><
スプロケ外しの工具のほうは時計回りって書いてるのに矢印が反時計回りだった・・・orz


取り付け方だけ書こうかと思いましたが、普通に考えれば先に元のスプロケが付いているんだと思い、外し方から順番に載せています。

画像-0505
↑外した状態。凸凹していますが、ちゃんと一箇所だけ小さな凸があるのでそれに合わせてこれからギアを順番に取り付けていきます。

画像-0506画像-0507画像-0509画像-0510画像-0511画像-0516画像-0517画像-0519画像-0521
↑一気に写真載せちゃいます(笑)
左上のとおり、一番最初にアダプターを通します。
私のホイルはキシリウムなので、最初にマヴィック用、次にシマノ用のアダプターを差し込みます。


その後は、写真の解説通りですよ。最初の三枚は1セットになっていて、そのあとは一枚重ねるごとにスペーサーを差込み、最後の二枚は不要となります(スペース分が最初から付いてます)

最後の締め込みは空回りしないので、最初の工具は要りません。



さあ、これで自転車のほうは、ほぼ準備完了なので、あとは上の人の仕上がり待ちです。
ピークはやはり春季Rit'sクリテリウムのに持って行きたいですが、こちらを手抜きするわけには行きませんし、なにより頂上がみたいです。普段は車しか入れない伊吹山ドライブウェイ・・しかも車でも言った事ないのでとっても楽しみなんです。

週末に知り合いの方々が六甲山に登られる計画を立てておられるようなので、時間作って参加したいのですが、果たして仕事の都合がつくかどうか?!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。
スポンサーサイト

その他こまごまと~

こんばんは。
サイクルモードのインプレを四回連続で書かせてもらいましたが
今日は残りの二台をさらりと書かせてもらって
手当たり次第に撮ってみた写真と一緒に載せて
最終回にしたいと思います。

スペシャライズドの
S-Works Roubaix SL2


相変わらずでごめんなさい。写真は撮ってないです。

画像-0464
↑変わりにTTマシンを。来年はカンチェラーラもコレで大暴れする事になりそう?

すごく良く出来たバイクでしたが、個人的にはそれ以上でもそれ以下でもないような感じでした。
もちろん、秀逸なのだろうと思いますが、サーベロの後だったのでそう思ってしまったのかもしれないです。憧れのアイドルに対する思い入れを除けば、きっとマドン6.9でもかすんでしまうほどではないか?と思うほどサーベロが良すぎました。

本音を言うと同じS-Worksでもルーべよりレーシングテイストなターマックに乗りたかったですがサイズ的に合うものがなかったので残念でした。



もう一つはロードバイクでなくってコレ!

画像-0528

bD-1です。

実際には時間もないから非現実的ではあるし、やるとしたら今のクロスバイク(TREK7.3FX)を輪行バッグに詰め込んで・・・って事になりそうだけど旅のお供にコレくらいコンパクトに折りたためたらもっとためらわずに出かけられるかなぁ?などと淡い夢を描いて乗ってみました。
もちろんロードと比較してなんてナンセンスな事はいわないですよ(笑)
移動手段としては十二分な8段変速とコンパクトなサイズと重量でしたよ。

その他は時間があれば乗りたかったウィリエールやイン玉とか行列が多すぎで諦めたピナレロ・プリンスやマドン6.9proRedなどなど、適当に写真だけ載せておきます(汗)

画像-0531画像-0463画像-0516画像-0469画像-0533画像-0543画像-0462


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

噂以上の凄い奴!

こんばんは。
サイクルモードインプレも第四回。

今回は全部で6種類の試乗が出来ましたが
その中でこちらの予想をいい意味で裏切ってくれたのが

サーベロ SLC SL


画像-0525画像-0526



もうね。スゴイの一言!
ちょっと踏み出しただけですぐにわかる軽さと
大胆かつ独特なエアロフォルムなデザインは、ただのカッコだけじゃなかった!

これって空気抵抗ないんじゃないですか?

本気でそう思うほど加速時の空気抵抗が少ないです。
そして、イーストンのディープリムの恩恵も大いにあるかもしれませんが高速での安定感も抜群だった!

形状からして横風には弱い可能性もあるかもしれませんが、幸い人も少なめだった試乗コースの直線で思い切り踏んでみた限りでは微塵も感じる事はありませんでした。

今回のサイクルモードはあくまでも試乗を楽しむ為だけで、デ・ローザ アイドルなども未練を断ち切る為の試乗だと思ってたのですが、このSLC SLはマジで欲しくなった!
金額も半端じゃないし新調したばかりだし、現実的なことではないのだけれど
今までの概念を覆すほどの衝撃を受けた事は確かでした。

点数などつけるのはおこがましいかもしれないですが
100点満点で100点つけても惜しくないです。

画像-0518画像-0520
↑オマケ。サストレがツールで乗っていた実車です。
今シーズンの走行距離なのか?ハンパネェっす。

画像-0524画像-0521画像-0519
他にもカンチェラーラのアルカンシェルカラーのとか新しいのとか一杯で、個人的にはサーベロにベタ惚れしてしまいました(*/∇\*)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

なんかガンダムみたいな名前でした。

と、タイトルを書いた私はほとんどガンダムの事は知らないですが
今日のサイクルモードインプレは

ANCHOR RHM9SL
です。

画像-0544画像-0545
↑コレも写真撮り忘れ・・・ごめんなさい(ノД`)・゜・。

画像-0527

↑と思ったら展示用のが一枚あったよ(`・ω・´)v

ね?なんかガンダムとかロボットっぽい名前でしょ?(笑)
解説ではSLってのはスーパーライトというタバコの銘柄みたいな意味だそうです。

その名のとおりカタログではスゲー軽い!
フレーム重量が970g
完成車で6.7kgとUCIの規定にひっかかるほどです。

実は今回、これに乗るのに2時間近く待った訳ですが
アンカー・ブース大盛況ぶりにめっさ驚きました。

コストパフォーマンスを考えたらかなり秀逸ですし
国内最大メーカーで日本人の為の設計ってのも大きな魅力ですからね。
夏のシマノ鈴鹿ロードの時、あまりのアンカーオーナーの多さに
正直mビックリしましたから!

試乗車も各一台ずつってのが残念でしたが、なにせ20種類ものバイクを貸し出していたので仕方ないといえば仕方ないかなぁ~。

実際に乗ってみて、正直なところ軽さの恩恵をそれほど感じなかったです。

ただし、持ち上げてみたら数字どおりにめっさ軽かったっす。

まぁ、平坦コースでそれほど乗り込めた訳じゃないので軽率かもしれませんが
試しにスプリンターの如く下ハンでグイグイやってみましたが
過去に試乗したした某海外メーカーの軽量バイクみたいに
グニャグニャした感覚は一切無かったです。
軽さと引き換えに剛性を失ったということではないと思います。
(あくまでド素人の私の主観ね)

きっとこれは私のように体重のある人間でなくて
もっと軽量なクライマーな方が山岳コースで
大いなる恩恵を受けられるバイクなんだろうなぁと
勝手に思い込んでみました。

もう少し待ち時間が短ければRHM9proとかと比較してみたい・・
そんなバイクでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

”シュウィーン”って、ちっちゃい音がします。

こんばんは。
引き続きサイクルモードのインプレです。

今日は自転車ではなくコンポーネントを。

シマノのデュラエースDi2

通称、電動デュラエースです。

画像-0391画像-0392画像-0393

写真撮るの忘れてて、古いのでスイマセン・・
8月の鈴鹿ロードの時に展示してあった時の写真ですが
全く同じモノで試乗できました。

現行のデュラエースと比べて・・・・
と、言いたいところですが、ががががが
過去にデュラエースを使った事がありません(ノД`)・゜・。

実はこの後で試乗したのにデュラエースが付いていたのですがw

なので今使っているアルテグラと比較してですが
何といえばいいのか・・・ラグが全くありません。

押した瞬間にすぐにシフトチェンジします。
現行のワイヤーを巻き取るor引っ張るのだと
シフターを動かしてから実際にギアチェンジが完了するまで
一秒くらいは掛かっていると思うんですが?
それが全くありません。
運良く、当日試せたカンパのレコードでも
アルテグラに比べれば素早く感じましたが
それ以上に早くて正確!

リアに関しては現状のアルテグラでも不自由さを感じませんが
特筆すべきはフロントディレイラー
ヒルクライムなんかだとインナーとアウターを切り替える頻度が高くなりがちだと思うんですが、結構内側にシフトレバーを倒さないといけないので疲れてくると失敗する確率も上がるんです。
でもこの電動デュラは数ミリの突起したボタンをワンタッチで、しかも正確に素早くシフトしてくれるので長丁場や疲れたときは間違いなく大きなアドバンテージになると思います。
いや、ハッキリ断言できます。

発売は来年の春ごろらしいですが、新型の7900系の価格が約20万円。
一体コレなんぼになるのでしょう?Σ(´Д`;)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。


ブログ内検索
プロフィール

SGGKの人

Author:SGGKの人
ロードレーサーに乗り始めて二年。
偶然見たファビアン・カンチェラーラの走りに魅せられて以来、ライフワークと化した自転車の日記です。特にレースや日々の練習を中心に日記を書いています。

現在の愛車 TREK Madone5.2pro
街乗り用   TREK7.3FX(クロスバイク)

トーヨーRT所属

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。