ひょんな事から自転車にのめりこんだ、中年に足を踏み入れた一人の男のチャリンコへの情熱と日々の生活ぶりと今日の晩御飯?などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何で週末だけ大荒れやねんっ!

って思うほどこの水曜日は陽気に包まれていましたよ。

生憎、お昼前からお出かけなので朝のうちだけブラっとお散歩のノリで。
今日はクロスバイクで桂川サイクリングロード経由で嵐山まで

画像-0018画像-0019画像-0021

とは言え、自宅から嵐山まで10kmあるか無いかなので、あっという間に到着です。
時間も少し余裕があるので、もう少し足を伸ばして清滝まで行ってきました。

画像-0023
↑暖かいとは言え、秋の気配が一杯です。

画像-0027画像-0025

自転車的にはもっと良い道もあるのですが、情緒ある化野(あだしの)念仏寺を経由していきました。
土産物や茶店が多く並ぶ地域ですが、朝も早いのでまだ何処も開店前です。

画像-0028
↑自転車乗りなら知っている!あの峠の入り口です。
コッチからだとあっという間に下りですけどね(笑)


行きしなはトンネルを使って清滝まで

画像-0029
画像-0030画像-0032画像-0033画像-0034

ここまではのんびりポタリングモードでした。
京都を囲む山々の中で修行僧が多く住んだ比叡山と双璧の愛宕山。
愛宕山信仰の登山口として栄えたここ清滝は、いわば行き止まりです。
念仏寺までゆっくり登り続けた貯金をココで一気に使い果たすように下りました。
当然、行き止まりなので帰りはそこを登って帰ります(笑)
オマケに帰りはトンネルを使わずに迂回路の試峠(こころみとうげ)で帰りました。
この峠も短いながらもドリフのコントみたいに強烈な坂でした><

二時間ほどのお散歩でしたが楽しかったです。

この後、お昼ご飯を貴船のお店「鳥居茶屋」さんへ食べに行ってきました。

画像-0037画像-0044画像-0040画像-0039


いよいよ11月もそこまで来ました。
仕事の関係上、11月中旬以降は自転車に乗ることも難しくなります。
それまで楽しめる機会は無駄にしたくないですねー。



↑1000のタンバリン~ROSSO
やっぱりチバくん最高です。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。
スポンサーサイト

第一声は「チョットマテ」でした@向日町競輪場

こんばんは。
昨日は秋季記録会
京都市のやや南に位置する京都府向日市の
向日町競輪場まで行ってまいりました。
数日前から天気予報とにらめっこしていましたが
曇り空ながらも雨の気配は無く、蒸し暑くも無い丁度良い気候でした。
関東のほうでは随分と寒かったそうですね?

当初、我がトーヨーRTから私も含めて数名が参加予定でしたが
当日現場に行ってみると、何と自分ひとり(汗)

すでに練習が始まっていて、「どうぞしっかりと練習してください」との事で
トラックに出ました。
少しゆっくり走っておられた方の後ろについてラインをトレースしてみました。
そしてコーナーに差し掛かると、そのままバンクの一番上に。
「ちょ、ちょっとまて笑」
思わず叫ぶほど、バンクの角度がハンパねぇっす(笑)
いや、もともとバンクに角度があることは知っていたし、この正月に生まれて初めて競輪場にも行って、金網越しにこのバンクを見ているんだ・・・・

でも、チャリに乗った視線で5メートルくらいの高さで45度くらいの角度のあるバンクの上に立ったら、ホンマに足がすくんでしもた(笑)


バンクの入り口でしばらく自転車を止めて周りの人の走り具合を見てみた。
それなりのスピードさえ出ていれば全く普通に走っている様子だったので、そこそこのペースの人の後ろに付いてバンクに突入!

お!結構イケル!むしろ普段のブレーキの必要なコーナーリングと違って全く減速する必要もなく
っていうか、ブレーキかけたらとっても危ないです(笑)

向日町バンク
↑わかりにくいけど、こんな感じです。
バンクの途中だと壁をよじ登ってるような錯覚さえ感じました。


少し余裕は出てきましたが
当日の予定種目は
1kmタイムトライアル
200mフライング
2~4kmIP

以上の三競技です。
予めチームの詳しい方に予備知識はいただきましたが、やはり実際に見てみないと判らない。
周りの知らない人ばかりで緊張しっぱなしでしたが
京都車連の担当の方が偶然街中で出会って信号待ちの間にお話した事ある人でした!
さらにジャージが違って判らなかったのですが、先週の琵琶湖一周イベントでゲスト参加して下さった方もおられて一気に気楽になりました。

全ての競技でD志社大学の自転車部の人が見本を見せてくれる事になりました。
最初は200mフライングです。

フライング図絵02


400メートルのトラックなので丁度ホームの反対のバックから計測開始ですが、それまでに加速する為にバンクのてっぺんから一気に計測地点まで下りながら加速します。
そして、200m目一杯もがきます!
遠回りすると不利なので計測中はバンクの一番下の部分に約1メートルの幅の線が引いてあるので、そこを目安に走ります。
ただ、ある程度の腕力と主に腹筋で支えないとその枠内からはみ出しそうになります。

お次は1kmタイムトライアル。
コレが一番きつかったです。
筋力も肺も両方とも限度一杯に使い切らないといけない感じです。
タイムは1分23秒802でした。
車連の方の話では、ロードレーサーで初心者が1分23秒台は結構速いとお褒めいただいて上機嫌でした。

向日町真ん中から


その次は4kmIP追い抜き競技です。
ホームとバックに分かれてスタートして4km走る間に追い抜けば勝ちですが
今回は記録会なのであくまでもタイム計測です。
これは公表するのも恥ずかしいほど遅かったです(*ノノ)
ピストの方とだと1分以上差がありました(ノД`)・゜・。

当初はコレで終了だったのですが
あまりに参加者が少ないので時間が一杯余ってるとの事で
急遽ケイリン(競輪とは違います)が追加になりました。

ロードレーサーで参加した五人で走ります。
好きな帽子を取りなさいとの事で、残り福のつもりで最後になった白(一番)
を被りましたが
「白の人は誰も先行しないときは先行する義務があります」
との一言。
ちょっと待ってください(笑)先にソレ言ってくれたら他の色にしたのにw

先にピストの方のレース振りを見て参考に・・・
やっぱトラック専門の人は走りが全然違う!

向日町ケイリン01向日町ケイリン02
↑ピストの方たちのケイリンの風景。
ほんまに凄い迫力でしたよ!



感動もつかの間、先導車について5周回のうち3週半を引っ張って貰います。
ちなみにこの先導車、特注のアシスト自転車なのですが市販品と違い
アシストに制限がありません(笑)
強者が乗れば競輪選手の追い込みくらいの速度が出るそうです(笑)
ゆっくりと先導して貰い、その間にギアをフルアウターに入れて
ゆっくり廻します。
程なく先導が外れて後ろから迫ってくる気配を感じて・・・思い切り逃げてやろうとフルスロットル!
いつもの先行癖が出てしまいます(汗)
しかし、トラック一周なんてあっという間、記録ではラストラップ13秒78
Maxスピードはサイコン見ると57km出ていました。
結果は一着でゴールイン。

チャリで競争して一番ってきっと初めてです。(笑)

そんなこんなで、あっという間に終ってしまいましたが
翌日になっても興奮冷めあらぬ感じです。
チャンスがあればまたここで走ってみたいと思いました。

ちなみに、10lkmほどしか走ってませんが全身筋肉痛です(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

12年ぶりやったそうです。@木津川流れ橋

こんばんは。

本来ならいつもチームの拠点としてお世話になっている
トーヨーサイクルさんのイベントで琵琶湖一周について書く予定でしたが
仕事が思いのほか暇で(汗)かねてから仲間内で話に上がっていた
上津屋橋(通称流れ橋)が先日の台風で流されたと聞き
復旧前に一目見ようと桂川サイクリングロードを走って来ました。


流れ橋01流れ橋03

ご覧の通り見るも無残ですが、構造上、橋脚が流されない為に置いてあるだけの橋桁だけが流されるのだそうです。そのことで、頑丈な橋のように流出物が詰まり水をせき止めて大災害にならぬよにしているそうです。

流れに逆らうのもまた人の生き様かもしれませんが、この橋のように流れに身を任せて周りに迷惑をかけない生き方というのもありなのかもしれないですね。

流れ橋02画像-0414
↑ちなみに左が今回のもの、右が春先の流される前のものです。

流れ橋04

思いのほか長居してしまったので、帰路の夕日は綺麗でしたが
すっかり日も暮れて視界が悪かったため、ゆっくりと帰りました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

その走りとは裏腹に、とてものどかな風景でした

先日の連休、10月11日と12日はチーム練習会に参加しました。
11日は128kmながらも個人的にはかなりハードで脚もパンパンでした。

翌日12日はかねてからの予定で滋賀県は朽木(旧朽木村)の能家(のうげ)を走り京都市の最北部の久多から激坂・能見峠を経て市内中心へ帰るという総距離160kmです。

前日のハードトレもあって、サボろうかとおもっていたのですが「ゆっくり走りましょう」というメンバーの方からの起床メールの一言を見て参加してきました。

朽木の中心部・市場までの60kmはいわゆる「鯖街道」といわれる道です。
花折峠の厳しさをのぞけばとても快適で、やや下り基調の平坦コースを高速で駆け抜けます。

ここからコースとしては厳しさを増していくのですが、それとは裏腹にのどかな田舎の風景が飛び込んできます。
先立っての台風の爪跡も一部見られましたが概ね穏やかなもので車の往来もほとんど無ければ、鳥の鳴き声や川のせせらぎも聞こえるほどでした。
残念ながら茅葺屋根はその姿を変え違う素材ではありましたが、合掌作りの民家が見られたり時間の流れがゆっくりと感じられる所でした・・・・激しい走りをのぞけば(笑)

画像-0015
↑とても京都市内とは思えないほど奥地の激坂・能見峠から比良山?を一望。
絶景ですが、山頂はとても寒かったです。


その後は上桂川沿いに周山を目指し、栗尾峠から高雄経由で市内へ帰着。
秋晴れの休日を満喫してきました。
翌日、全身筋肉痛だったのは言うまでもありません(笑)

さて、週末はいつもお世話になっているトーヨーサイクルさんのイベントで琵琶湖一周です。

その次の週は向日町競輪場秋季記録会に参加します。
1kmタイムトライアル他の三競技に参加予定です。
初のバンク体験に今からドキドキです。
でも舞洲クリテ開催がもっと早く決まってたらそっち行ってただろうな(笑)

10月11日
トーヨー→R9→亀岡→畑野→瑠璃渓→籠坊温泉→県道37→切詰峠→志手原→県道68→
県道33→道の駅「いながわ」→一庫ダム→柊峠→湯ノ花→亀岡→R9→トーヨー
走行距離:128㎞
トーヨーサイクル帰還時間:12時50分


10月12日
行き先 トーヨー⇒大原⇒朽木⇒能家⇒久多⇒能見峠⇒周山⇒R162⇒福王子⇒トーヨー
走行距離 161㎞
トーヨーサイクル帰還時間:3時



↑黒猫チェルシー ~嘘とドイツ兵~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。

遅ればせながら、結果報告いたします

こんばんは。
あっという間に一週間が過ぎてしまいましたが先日の

CATEYE cup 09秋季ritsクリテリウム

の結果を書かせていただきます。

レース後は風邪が悪化したのと仕事が忙しいのとでなかなか書けませんでした><

今回が最後のカテゴリー5(1~5まで、一番下のクラスです)参戦です。
ゆえになんとしても結果が欲しかったですが、残念ながら無念の7着です。

敗因は一杯あります。体調も万全とはいかなかったです。
でも、何より慢心というか絶対勝てるという過信が一番です。
いちびって先頭も牽きすぎた。
その後もぐっと堪えることが出来ないでイケイケになってました。
最後にバテて脚が動かなくなるのがいつものパターンなのですが、今回は息が上がって呼吸が苦しかったです。レース後しばらく死にそうでした><
全ては、ナメてかかっていたというか自信と過信の履き違えをしていた自分自身でが原因です。

とはいえ、済んだ事を後悔し続けるよりも次に向かって頑張ります!
自転車は後ろに下がる事はできないのだ(笑)


そして自分のレースの後のC4H
知り合いのあにきさんが快勝です!
Tダーさんと常に上位で走って、最後はロングスパートからの逃げ切り!
めっさカッコよかったです。Tダーさんも五位入賞!おめでとうございます。

[高画質で再生]

09秋Rit\'sカテ4high決勝 [レンタルサーバー]

あにきさん表彰台


まだ年齢的にHとLに振り分けられるかもしれませんが
来年以降C3で一緒に走れる日を楽しみにしています!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

↑ランキング参加してます。ぽちっと宜しくお願いします。
ブログ内検索
プロフィール

SGGKの人

Author:SGGKの人
ロードレーサーに乗り始めて二年。
偶然見たファビアン・カンチェラーラの走りに魅せられて以来、ライフワークと化した自転車の日記です。特にレースや日々の練習を中心に日記を書いています。

現在の愛車 TREK Madone5.2pro
街乗り用   TREK7.3FX(クロスバイク)

トーヨーRT所属

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。